消費者金融 主婦

専業主婦が借りるなら銀行ローン

専業主婦の方でお金を借りたいという人も多いでしょうね。かくいう私も専業主婦歴5年となりますが、常に大きな悩みの一つとしてあるのが「お金が無い」ということなのです。

 

旦那は頑張って仕事してきてくれているので、こんなこと直接言う訳にはいきませんが、正直給料が低いのです。

 

子供が1人いるのでそれなりにお金がかかり、毎月とまではいきませんが、時々予定外の出費などが出てくれば赤字になることもしばしばです。

 

このどうしても仕方なく赤字になってしまったときは、カードローンでお金を借りてしのいでいるという状態です。お金を借りると聞くと悪いイメージばかりが先行してしまいがちですが、私の家の場合、カードローンでお金を借りられなかったら今頃どうやって生活しているのか、想像するだけでも怖いです。

 

で、専業主婦の私が初めてお金を借りようと思ったとき、ちょうど総量規制とかっていうのが導入されたようで、消費者金融からお金を借りようと思えば、夫の収入証明書や同意書が必要となってしまっていました・・・。

 

旦那にはできればお金を借りて家計をやりくりしているというのは言いたくないので、とてもじゃないけど同意書なんてもらうことが出来ません。給料安いながらも、朝早くから夜遅くまでみっちり仕事してくれていますから。

 

「やっぱり専業主婦はお金を借りられないのか・・・。」と思っていたところ、金融機関に勤める友人から「総量規制は銀行ローンは対象外だよ。」って教えてもらいました。

 

どういうことかと言うと、銀行ローンならば専業主婦の方も、夫の収入証明書や同意書なしでローンを利用してお金緒を借りることが出来るという訳です。で、今は銀行ローンを利用しているという訳です。

 

以下に、その友人からお勧めの銀行ローンを聞いたので掲載しておきますね。

 

 

お勧めの銀行ローン

 

プロミスレディースキャッシング

プロミスレディースキャッシング
パート・アルバイト勤めをしていて定期的な収入がある主婦の方に人気なのがプロミスレディースキャッシングです。女性専用キャッシングですので男性は利用できません。

 

新生銀行カードローンレディースレイク

新生銀行カードローンレディースレイク
今すぐお金が必要だという方は、新生銀行カードローンレディースレイクならば、最短ですとその日のうちにいつも使っている自分名義の銀行口座にお金を振り込んでもらえますよ。急いでいる人はなるべく早く申し込んでおくといいでしょう。

 

 

キャッシング経験者の声

 

クレジットカードのキャッシング

 

ATMを使う女性

キャッシングといえば金利がとても高いイメージがあり、ほとんど利用したことがありませんでした。実はキャッシングの金利について詳しく聞いたのは、バイトでクレジットカードの新規会員獲得の仕事をしたときでした。

 

クレジットカードのキャッシングは通常18〜29%くらいの金利がつくかと思います。10000円借りると年利は1800円〜2900円となります。確かにこれは安くはありません。1ヶ月の金利にすると、18%の場合、150円になります。

 

私が、キャッシングを利用したのは、日曜日の夜、ATMマシンからお金を引き出し使用としたときに、利用銀行でないことから手数料が210円も掛かるということがわかったときです。

 

よく考えてみると、キャッシングで10000円借りたときの方がこの手数料より安いということが分かったからです。10000円のキャッシングなら、基本的には翌月の支払いで請求されるのでその金利は1ヶ月分のみになります。これは確実に、ATMで高い金利を払うよりはお得なのです。

 

このことが分かってからはキャッシングも意外と便利なので、時と場合によっては使い分けるのも良いことに気づきました。

 

確かに金額が大きくなったり、返済の期間が長くなると、利息も高くなりますが、10000円程度のキャッシングで翌月にすぐ返済するなら、かなり使い勝手の良いものだと思います。

 

 

友人の結婚式のご祝儀を忘れ

 

友人の結婚式に呼ばれました。その日は仕事があったのですが、仕事終わりに行くことができそうなので仕事場にドレスやらバッグやらを持っていって、そのまま行くつもりでいました。

 

友人とは長いつきあいですので、絶対に出席したかったのです。

 

当日仕事は結構ぎりぎりまでかかってしまって、急いでホテルへ行きました。髪の毛をまず美容室でしてもらって、ドレスに着替えてもちろんメイクもばっちりです。

 

結婚式の受付

その時に大事な事を思い出しました。

 

結婚式のご祝儀です。友人たちはみんな3万は包んだよーと言っていました。新札はもちろん、キャッシュカードを家においてきてしまっていました。

 

なんてドジなんだろうか。あとはクレジットカードしかありません。

 

これでなんとかキャッシング利用するしかない、と思い3万引き出しました。あとはご祝儀袋。それはまあホテルですので私みたいな用に売ってました。(笑)ふくさはもう仕方ないのでなしで誤魔化しました。

 

結婚式に呼ばれてお祝いを持っていくことを忘れるなんてホントに間抜けでした。

 

クレジットカードがなかったらどうなっていただろうと思うと、ホント不幸中の幸いでした。キャッシングした3万は次の引き落とし日にちゃんと返済しました。"

 

 

病気よりも支払いが気になったあの頃

 

ある日、突然病気を宣告されました。

 

病気の診断

今の時代、いつかは病気にはなるだろうとは思ってはいましたが、「なぜ今?」「なぜ私?」と、釈然としないものがありました。

 

そう思うくらいですから、病気になったときのための貯金などしているはずもありません。入院手術のための検査のために、何度も電車に乗って病院に行き、1回数万円の検査をたくさん受けました。

 

さすがに、1ヶ月の収入だけでは間に合わなくなってしまいました。どうしたらよいのか、病気よりもそちらのほうが気がかりになる毎日でした。

 

ふと、いつも使っているカードに、キャッシングがあるのを発見しました。

 

今まで使ったことのないシステムだったので、ネットでしっかりと勉強をしてみました。操作は簡単で、必要な金額を指定すると、翌日、銀行に振り込まれるというものでした。

 

ものすごく緊張をして、何度も見直しをして、キャッシングを申し込んでみました。そして翌日、ちょんと入金がされていました。

 

これで心配なく治療に専念できると、安心した瞬間でした。

 

今では病気もすっかり治り、毎月こつこつと返済をしています。貯金の重要性にも改めて気づかされました。

 

一度キャッシングの経験をしましたので、また困ったら・・・。などと考えてしまいますが、できるだけお世話にならないよう、計画的に生活をしていきたいものです。